デフラグ実行

スポンサード リンク

デフラグを実行する前に、常駐ソフト(ウイルスソフト・スクリーンセーバー等)を終了していることと、古いパソコン(ハードディスク)や、損傷のおそれがあるハードディスクの場合はバックアップが取ってあることを必ず確認してください。
常駐ソフトを終了させる理由
バックアップの理由

デフラグは下記の手順で実行することができます。

デフラグ

まずは、左下の「スタートメニュー」より、「すべてのプログラム」 ⇒ 「アクセサリ」 ⇒ 「システムツール」と進み「ディスク デフラグ」をクリックします。

デフラグ

デフラグを行いたいハードディスクを選択し、「最適化」をクリックします。

デフラグ

デフラグが始まります。
デフラグ中はハードディスクにアクセスしないようにしましょう。場合によっては途中で止まってしまう可能性もあります。特に、上記ようにシステムドライブ(Cドライブ)にデフラグを行う際は、パソコンの動作自体控えたほうが良いと思います。

何か問題があった場合は、一時停止や停止にてデフラグを止めることもできます。

デフラグ

デフラグが完了すると、上記のようにメッセージが表示されます。

今回のデフラグの詳細については、レポートの表示にて確認することもできます。
メッセージの内容に、「最適化できないボリュームがいくつかありました・・・」とありますが、これは特に気にする必要はありません。今回のように、システムドライブ(Cドライブ)にデフラグを行った場合は必ず表示されます。OSを立ち上げているプログラムや、デフラグを行っている自身のプログラムなどetc・・・は動かすことができないため最適化することはできません。

画面を閉じて完了です。

スポンサード リンク