ディスク クリーンアップの実行

スポンサード リンク

ディスク クリーンアップとは、ハードディスク内の不要なファイルを削除し、空き容量を増やすための、いわゆるパソコン内のお掃除機能です。

パソコン(ハードディスク)の中には、実はユーザー自身が気が付かないで残っている一時ファイルや不要なファイルがたくさんあります。

ディスク クリーンアップはそういったファイルを探し出し、安全に削除してくれます。

デフラグを行う前に、ディスク クリーンアップは絶対必要かといえばそうではありませんが、ディスク クリーンアップを行った後にデフラグを行うと、デフラグの効果をよりいっそう高く得ることができますので、デフラグを行う前にディスク クリーンアップを行うことをお奨めします。

ディスク クリーンアップは下記の手順で行うことができます。

ディスク クリーンアップ

まずは、左下の「スタートメニュー」より、「すべてのプログラム」 ⇒ 「アクセサリ」 ⇒ 「システムツール」と進み「ディスク クリーンアップ」をクリックします。

ディスク クリーンアップ

対象ドライブを選択して「OK」をクリック。

ディスク クリーンアップ

上記のような画面が表示され、少しまつと以下のような画面が表示されます。

ディスク クリーンアップ

削除したい項目をチェックし、「OK」をクリック。

チェック項目がいくつかありますが、すべてチェックしてしまっても問題ありません。項目をクリックすると「説明」の欄に詳細が表示されますので、確認の上お好みでどうぞ。
チェック項目のほとんどが、アプリケーションなどが実行中に一時的にパソコン内に保存していたファイルですので、消したからと言ってシステムに障害がおこったり、必要なものが消えてしまったりすることはありません。

ディスク クリーンアップ

「OK」をクリック。

ディスク クリーンアップ

ディスク クリーンアップが始まります。

この画面は、ディスク クリーンアップが終わると勝手に消えてなくなります。終了メッセージなどは出ません。

ディスク クリーンアップが終わったら、いよいよデフラグを実行します。

スポンサード リンク