デフラグとは

スポンサード リンク

デフラグとは、フラグメンテーションを解消し(断片化されたデータを整理し)、データを連続的に再配置させることによって、ハードディスク(HDD)の最適化を図ることです。
※デフラグは、デフラグメンテーション(defragmentation)の略語です。

デフラグとフラグメンテーションのイメージ図

パソコン

TOPページでも説明したように、パソコンを購入してから長い間使っていると、さまざまな理由によってパソコンの動作が遅くなってしまうといった現象が起こるようになってきてしまいます。

その理由の中の一つに、ソフトウェアのインストールやアンインストール、その他ハードディスクへのデータの書き込み(保存)、削除の繰り返しにより起こる、フラグメンテーション(断片化)といったものがあげられます。

ユーザーによって使用頻度などの差はあるものの、どんなユーザーであれ上記作業は必ずしも行うことですので、パソコンを使っている以上、多かれ少なかれ必ずフラグメンテーションは起こります。

これは仕方のないことなのですが、何もせずにそのまま放置いしておくとフラグメンテーションの度合いが進み、データの呼び出しや書き込みの際に時間がかかるようになり、結果としてパソコンの動作の低下につながります。
また、フラグメーションの度合いが酷い場合には、ハードディスクが物理的にも激しい動きをするため、ハードディスクの寿命が縮まってしまう恐れや、故障の原因になる恐れもあります。

フラグメンテーションとデフラグのイメージ図

下図は何のデータも入っていない、新品のハードディスクのイメージです。
当然ですが、現時点では全て空き領域です。
※これより下記は一例です。

ハードディスク内 データ領域空きのイメージ

この新品のハードディスクに、データを保存していくと下図のようになります。

ハードディスク内 データ保存イメージ

次に、データAとデータCが必要なくなったので削除します。
と同時に、ここでフラグメンテーションが起こります。

フラグメンテーション イメージ

次に、データFを保存します。
ですが、見て分かるようにデータFは大きいため1つの空き領域に収まりません。

フラグメンテーション時 ハードディスク内 データ保存 イメージ

そこでデータFは、自然と下図のようにデータを小分けして保存します。
※パソコンの表面上では、データFの見た目は一つのファイルですが、内部的にはこのようにバラバラに保存されています。

フラグメンテーション時 ハードディスク内 データ保存後 イメージ

このように保存されると、1つのデータを呼び出す際に毎回複数の箇所に呼び出しにいかなければならないため、パソコンの動作は低下します。
保存する際も同じく、複数の箇所に小分けして保存しなければいけないため、動作は低下します。

では、デフラグを実行するとどうなるのか?

デフラグ実行後 ハードディスク内 データ保存後 イメージ

上図のようにフラグメーションが解消され、データが連続的に再配置されます。

結果として、デフラグを行うことによりパソコンの動作向上につながります。

スポンサード リンク